CakewalkとRoland FA-07(FA-06 FA-08)を接続してみた

DTM
DSC_1616

おっさんの家にはRoland FA-07というキーボードがほとんど音を鳴らすことなくオブジェと化していました。勿体ないのでPC(Cakewalk)に接続してみました。

今回はキーボードFA-07で弾いた音がPC(Cakewalk)に録音でき、録音した音がFA-07で再生できることを目指しました。

用意するもの

Roland FA-07(またはFA-06,FA-08)、ヘッドホンまたはアンプ(モニター)

roland fa-07

Windows10(64bit版) PC

UCB2.0ケーブル(タイプAオス – タイプBオス)

usbケーブル a-b

準備

物理的に接続

Roland FA-07の「COMPUTER」端子とWindows10PCをUSBケーブルで接続します。ヘッドホン(またはアンプ)をFA-07に繋いでおきます。

FA-07の設定

USB Driverの設定

FA-07を起動します。FA-07の「MENU」ボタンを押し、SYSTEMメニューを選択します。

FA-07 MENU

USB Driverを「VENDOR(MIDI+AUDIO)」に設定します。

FA-07 SYSTEM SETUP USB Driver

「System Write」を選択しFT-07に登録します。

DAW CONTROLの設定

FA-07 DAW CONTROL

DAW CONTROLボタンを押します。

FA-07 DAW CONTROL MAP

CONTROL MAPを「SONAR」、Sync Outを「OFF」に設定します。

ドライバーのインストール

PCを起動します。Windows 10 バージョン 2004より前のバージョンであれば自動でドライバーがダウンロードされインストールされるようですが、バージョン2004以降では自動インストールされません。

バージョン2004以降では以下の手順で手動でドライバーをインストールします。

  1. [スタート] – [設定] の順にクリックします。
  2. 「更新とセキュリティ」をクリックし、「更新プログラムのチェック」をクリックします。
  3. 「オプションの更新プログラムを表示」または「オプションの更新プログラムをすべて表示」をクリックします。
  4. 「ドライバー更新プログラム」をクリックして一覧表示します。
  5. 表示された一覧から「 Roland – MEDIA 」にチェックをいれて、[ダウンロードしてインストール] をクリックします。
    ドライバーのダウンロードとインストールが行われます。

正しくインストールされるとWindowsスタートメニューに以下のアイコンが表示されます。

Windowsスタートメニュー Roland FA-06 08

Cakewalk by BandLabのインストール

BandLab assistantのインストールとアカウント作成

Cakewalk by BandLabは無料ですが、使うためにはまず以下のサイトからBandLab Assistantをインストールし、BandLabのアカウントを作成する必要があります。

BandLab: Music Starts Here
The cloud platform where musicians and fans create music, collaborate and engage with each other across the globe.

「Download」を選択していくと”bandlab-assistant-windows.latest.exe”がダウンロードされるので、実行します。

BandLab “Sign Up”を選択

「Sign Up」を選択します。

BandLab アカウントを作成

アカウントを作成します。おっさんはグーグルアカウントで登録しました。

BandLab プロフィール設定

プロフィール等の入力を求められるので、従って入力していきます。

BandLabフィード

アカウントの登録が完了すると最後にBandLabのフィード画面がブラウザに表示されますが、Cakewalkはここにはありません。閉じます。

Cakewalkのダウンロードとインストール

BandLab Log in

BandLabの画面でLog in ボタンを選択します。登録したアカウントでログインします。

BandLab Apps

Lig in 後、Appsタブを選択し、Cakewalk のInstallボタンを選択します。

Select the add-ons that you would to install.

「Select the add-ons that you would to install.」という画面でAdd Onするツールを選択します。すべてチェックしInstallを選択します。

ダウンロードが始まり、使用許諾契約書の同意などの後、インストールが始まります。

BandLab Cakewalk Open

インストールが完了し、Openが選択できるようになります。

Cakewalkの設定

Cakewalkの起動

Cakewalk を起動します。前述のBandLabの画面からCakewalkの「Open」ボタンで起動することができますし、Windowsスタートメニューやデスクトップに作成されたアイコンからも起動できます。

Windowsスタートメニュー Cakewalk の起動

初めて起動した時は環境設定をするウィザード画面が表示されます。後ほど、「編集」-「環境設定」メニューで設定するので、ここでは規定値で進めてください。

Cakewalk ようこそ

新規プロジェクトの画面が表示されます。Basic.cwtを選択します。

Cakewalk新規プロジェクト

AudioとMIDIの2つのトラックがあるプロジェクトが開きます。

Cakewalk ベーシックプロジェクト

環境設定

「編集」-「環境設定」メニューを選択し、以下を設定します。

「オーディオ」-「デバイスの選択」

入力デバイスに”FA-06 08 IN”、出力デバイスに”FA-06 08 OUT”を設定します。

Cakewalk オーディオ デバイスの選択

「オーディオ」-「オプション」

ドライバモードに”ASIO”を設定します。

Cakewalk オーディオ オプション ドライバモード

「MIDI」-「デバイスの選択」

入力、出力、いずれも「FA-06 08」、「FA-06 08 DAW CTRL」、「FA-06 08 CTRL」を設定します。

「MIDI」-「コントロールサーフェス」

入力ポートと出力ポートに「FA-06 08 DAW CTRL」を選び、「OK」を押します。

Cakewalkで音を鳴らす

「+」トラックの追加をクリックし、「インストゥルメント」タブでTTS-1を選択します。TTS-1は音源です。

Cakewake トラックの追加

3トラック目にTTS-1が追加されました。ボタンで広げて表示することができます。

Cakewalk TTS-1トラック追加後

FA-07を弾いてみると、TTS-1の音量レベルゲージが反応し音が出ます。

Cakewalk TTS-1音が出ている状態

音が出ない場合は、以下を確認してください。

  • インプットモニターがON(オレンジ色)になっている
  • TTS-1のインプットが”Omni”、アウトプットが”Master”になっている
  • Masterのアウトプットが”FA-0608 OUT”になっている

それでも音が出ない場合、「環境設定」の設定が正しいか確認してください。Cakewalkを起動したタイミングでFA-07が見つからなかった場合など、「環境設定」のデバイスが消えている場合があります。

Cakewalkで録音・再生する

Cakewalk 録音

まずTTS-1トラックの「録音待機」ボタンをONにします。その後、画面上部にある「録音」ボタンを選択すると録音が始まります。FA-07で弾いた音がCakewalkに録音されます。

停止ボタンで録音を停止し、再生ボタンで録音した音を再生できます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました