.esp が削除?Voltex エラー解消方法【Skyrim SE MOD】

PC
スポンサーリンク

私はSkyrim初心者で、MOD管理ツールは Voltex を使っています。Voltex で MOD を適用する方法は知っていますが、それ以外の使い方はほとんど知らないレベルです。

今まで、右上のベルのアイコンに数字が表示され、何やら警告が出ていたようなのですが、ゲームに支障が無さそうだったので見て見ぬふりをしていました。

しかし、とうとう支障が出てしまいました。「Bijin All in One 2020」と関連MODを一度アンインストールし、再インストールしたところ、ゲーム開始時に”Bijin_AIO2018.exp”が削除されています、と警告が出てリディアさんの顔がバニラの顔に戻ってしまいました。

.esp が削除されています、という警告

ちなみに”バニラ”とはMOD適用前のオリジナルを挿す言葉だそうです。

バニラのリディアに戻ってしまった

再度 Bijin All in One 2020 を入れ直しても解消しません。もう逃れられないと観念し、この機会にVortexに出ていた警告を見直すことにしました。

なお、エラーの意味や対処方法は以下のサイトを参考にしました。

スポンサーリンク

Vortex に出ていた警告とエラー

右上のベルをクリックして警告やエラーのメッセージを見てみました。

Vortex に出ていた警告とエラー

5個出ています。では、1つ1つ見ていきます。

Loose files may not get loaded (ルーズファイルがロードされない可能性があります)

Vortex警告: Loose files may not get loaded

“More”を押して内容を確認する前に”Fix”ボタンを押すと警告は消えてしまいました。大して気にしなくて良い警告のようです。ゲームに支障も無さそうですし、気にしないでおきます。

Missing Masters (マスターが見つかりません)

Vortex警告:Missing Masters

“More”ボタンを押してみます。

Vortex警告:Missing Masters 詳細

“Vivid Weathers SE”の依存するファイル(“BSHeartland.esm”等)が有効になっていない、という内容です。

そもそも “Vivid Weathers SE” て何だっけ?と Voltex の MODS メニューで適用したMODを確認すると、”Vivid Weathers – Definitive Edition-2187-2-42-1559391607.7z”というファイルを適用していました。

Voltex MODメニュー:Vivid Weathers – Definitive Edition

NEXUS MODS で “Vivid Weathers – Definitive Edition”を検索すると、「Vivid Weathers Definitive Edition – a complete Weather and Visual overhaul for Skyrim」がヒットしました。ああ、このMODですね。思い出しました。

改めて「DESCRIPTION(説明)」タブで “Requirements(要件)”を確認しましたが、”This mod does not have any known dependencies other than the base game.(このmodには、ベースゲーム以外の既知の依存関係はありません。)”となっています。

関連MODの適用漏れは無さそうです。”Missing Masters”の警告メッセージにある”Chek again”ボタンを押してみましたが、特に変化はありません。

Weather 関係で特に困っていることは無いので、この警告は無視することにしました。

Script extender plugin errors detected (スクリプトエクステンダープラグインエラーが検出された)

Vortex警告: Script extender plugin errors detected

”More”で詳細を確認します。

Enhanced Character Edit(ECE)のdllで、クエリー中に非互換を報告した、とのエラーが出ています。

Vortex警告: Script extender plugin errors detected 詳細

このエラーについては、ECEの作者、tktkさんのサイト「キャラメイク拡張mod Enhanced Character Edit」のトラブルシューティング「SE版でmodマネージャーのエラーが出ている」の段落内と、同サイトのコメント内で「無視して良い」と触れられていました。

古いバージョンの環境用に用意したdllが出すエラーらしく、例えば私の環境の場合は最新バージョンの”characterMakingExtender_64_1_5_97.dll”で構築したので、それ以前のバージョンのdllが「この環境は互換性が無いよ」、とエラーの報告を出すようです。

無視して良い、とのことなので、”Ignore”ボタンを押して警告を消しました。

Mod rules contain cycles (MODルールに循環があります)

Vortex警告: Mod rules contain cycles

“Show”を押してみます。

Vortex警告: Mod rules contain cycles 詳細

3つのMODがそれぞれ循環参照しています、というエラーです。オレンジ色のリンク部分をクリックしてみます。

Vortex警告: Mod rules contain cycles 相関図

視覚的でとっても分かり易いですね。文字で書くと…

Bijin Skin CBBE が Enhanced Character Edit(ECE) を参照し、Caliente’s Beautiful Bodies Enhancer(CBBE) が ECEをし、ECEが Bijin Skin CBBE を参照している。

ということです。

お互いを参照し合っており、何からロードし何を優先すべきか分からず困っています、という警告なので、まず何からロードするのかを決めてあげなければなりません。

ちなみに、ECEはYgNordという人種を使いたいがために導入しており、現在キャラクターを編集するエディターはRacemenuを使っています。

YgNord はキャラクターのベースなので、真っ先にロードした方が良いだろう、というくらいの軽い気持ちで、ECE による CBBE の参照を止めてみることにしました。

ECE と CBBE を繋ぐ線を右クリックし、”Remove Rule” を選択し削除しました。

Vortex警告: Mod rules contain cycles(循環参照) の解消

すると、このエラーは消えましたが、新たなエラーが表示されました。

There are unresolved file conflicts (未解決のファイル競合があります)

Vortex警告: There are unresolved file conflicts

“More”を押してみます。

Vortex警告: There are unresolved file conflicts 詳細

ECE と CBBE で競合が発生しており、どちらを先にロードするかを決めろ、と言っています。

“Show”を押して内容を確認します。それぞれのMODロード順を設定する画面です。

Vortex: ロード順を設定

ECE 作者の tktkさんのサイトでは、Q&A「ロードオーダーはどうすればいいのか」で「美化modやフォロワーmodより下(優先的)に置きます」とありました。CBBE より後にロードせよ、ってことですよね。

あら。先ほど私はECEは真っ先にロードすれば良いのでは、と思っていたのですが、最後にロードする設定にしてみました。

Vortex: ECEを後でロードする設定

“Save”ボタンを押すと、この警告は消えました。

Plugin dependencies unfulfilled (プラグインの依存関係が満たされていません)

Plugin dependencies unfulfilled

“More”を押してみます。

Vortex警告: Plugin dependencies unfulfilled 詳細

互換性のない Plugin の組み合わせが列挙されています。

どうして良いのか分からないのと、特に支障は無さそうなのでそのままにしました。

Deploy(配置)はうまくいったが…

一通り警告に対応したので、”Deploy now”を押して設定を反映します。

Vortex : Deploy前

うまくいったようです。リディアさん復活です。しかし…

エラー解消後のリディア

私の作成したアーロイの顔が微妙に変わってしまいました。

Pluginのロード順が変わって影響が出たのかな?と思い、ロード順を変えてみました。

Plugin のロード順を変更

Expressive Facegen Morphs.esl と EnhancedCharacterEdit.esp のロード順を変えてみます。 Expressive Facegen Morphs.esl の コネクターアイコンを EnhancedCharacterEdit.esp のアイコンにドラッグすると、線が引かれます。

Voltex: Plugin間のルールを設定

ドロップすると、2つのPluginのロード順を変更できるダイアログボックスが表示されます。

Voltex:Plugin間のルール設定

“Expressive Facegen Morphs.esl” “Must Load After” “EnhancedCharacterEdit.esp” と設定し、「Add」しました。ダイアログボックスは閉じないので、”Close”で閉じます。

これで “Expressive Facegen Morphs.esl”が “EnhancedCharacterEdit.esp” より後でロードされます。

さぁ、これで変わるかな?と期待しましたが、何も変わりませんでした。

他の Plugin間でもロード順を変えてみたり、しまいには MOD を Disabled にしたりと、いろいろ試してみましたが、結局元のイメージには戻りませんでした。

何かしらMODの環境が変わってしまったんでしょうね。もしくは、自分自身で知らぬ間に何か設定を変えてしまったか…。

原因は分かりませんでしたが、エラーは解消されたし、Racemenu でまた微調整すれば良いので、Voltex をいじるのはここまでとしました。

まとめ

気づけば現在、MODを30個以上適用しています。

今までは Voltex がいい感じで MOD を配置してくれていたためか、ロード順など意識する必要はありませんでした。

しかし、適用するMODの数が増え、イレギュラーなアンインストールやインストールを繰り返すとMOD間に不整合が起き出します。

今回、循環参照の解消方法、Plugin間のロード順の変更を覚えたので、しばらくはこれで凌げるかもしれませんが、他にも覚える事はいろいろとありそうです。

次にエラーで困ったら、また追記していこうと思います。

コメント

タイトルとURLをコピーしました