対決!MacBook Pro 対 GTX1070Ti+旧世代CPU【Steamゲーム】

PC
スポンサーリンク

以前、CPUがAMD PhenomII で グラボがGeForce GTX1070Ti のPCをWindows10とUbuntuのデュアルブートにして、RAISE OF THE TOMB RAIDERのベンチマーク対決を行ったところ、Ubuntu の方が速かったです。

解像度\OSUbuntuWindows10
3840×2160 47.65FPS38.83FPS
1920×1080 62.12FPS56.70FPS
Rise of theTomb Raiderベンチマーク結果

そういえば、RAISE OF THE TOMB RAIDER はMac もサポートしています。Macbook Proにインストールしてみました。

Rise of the Tomb Raider™ on Steam
Rise of the Tomb Raider: 20 Year Celebration includes the base game and Season Pass featuring all-new content. Explore Croft Manor in the new “Blood Ties” story...
スポンサーリンク

MacBook Pro の仕様

  • PC: MacBook Pro(2019年モデル)
  • CPU: Intel Core i5(4コア)第8世代
  • CPU速度: 1.4 GHz
  • メモリ: 8 GB
  • ストレージ:512GB SSD
  • グラフィック:Intel Iris Plus Graphics 655

Core i5なんですね。メモリは8GBです。ゲームをするPCとしては厳しい仕様ですね。

RAISE OF THE TOMB RAIDER の設定

グラフィック設定はWindowsやUbuntuと同様に最高レベルにしましたが、合わせ切れない部分もあり、WindowsやUbuntuの設定と若干異なる部分があります。

グラフィック設定は最高レベル

ディスプレイ設定もWindowsやUbuntuに合わせられなかったので、近い設定で計測しました。便宜的に、以下1920 X 1200 を2K、2880 X 1800 を3K、と記載します。

ディスプレイ設定2K(1920 X 1200)
ディスプレイ設定3K(2880 X 1800)

RAISE OF THE TOMB RAIDERベンチマーク結果

2K(1920 X 1200)

おっと。かなり厳しい結果になりましたが、止まったりする事はなく、ギリギリゲームはできそうです。

2K(1920 X 1200)ベンチマーク結果

3K(2880 X 1800)

途中で止まります。さすがにゲームはできません。

旧世代CPU+GPX1070Tiの圧勝

AMD PhenomII 1100T、AMD FX8350、Intel Core i7 875K(第1世代)と比較してみました。

CPUCore i5Core i7Ph1100TFX8350
解像度\OSiOSWin10UbuntuWin10UbuntuWin10
3840×216029.1647.6538.8342.3339.24
2880×18004.73
1920×12009.15
1920×108029.9362.1256.7067.9063.04
Rise of theTomb Raiderベンチマーク結果(単位:FPS)

Core i5 グラボ無、という時点でMacBook Pro には無理な勝負でした。どんなに古いCPUでも、それなりのグラボを付ければ新しいPCの性能を十分上回る性能を得ることができることが分かりました。

興味深いのは、Core i7第1世代は4KでもフルHDでもFPSはほとんど変わらない点です。たぶん、CPUの指揮命令の限界が30FPS弱、ということでしょう。GTX1070Tiには待ちが発生し、力を持て余しているんだと思います。

逆に、グラボGTX1070Tiの限界は4Kで40FPS前後、ということですね。たぶん、どんな高性能CPUを載せても50FPSになることは無いと思います。

そして、UbuntuがWindows10よりも良い結果を出す、という点も面白いです。Windows版のゲームを「Proton」という互換レイヤーというゲタを履かせてUbuntuで動かしているのに、Windows10より速い、ということは、よほどOSが軽い、ってことでしょうか。

まとめ

MacBook Pro とは言え、Core i5 のグラボ無では古いCPU+GTX1070Tiには全く歯が立ちませんでした。

とは言え、RAISE OF THE TOMB RAIDERはそれほどスピードを要求するゲームじゃないので実際に1920×1200でゲームをしてみると、普通にできました。

それほど遅さは気になりません。画質も1920×1200で十分綺麗です。オールマイティーに最低限の仕事はこなす、というあたりはさすが Pro ですね。

MacBook Pro でRAIS OF THE TOMB RAIDER を実行

そして、GeForce GTX1070Ti もさすがです。古いCPUでもエントリークラスのゲーミングPCにしてくれます。

餅は餅屋、というように、やはりゲームはWindowsでやる方が何だか泥臭い感じがしてしっくりします。Mac でSteam のゲームは似合わないですね。

Macはスタバが似合います。そういえば、まだ持って行ったことないな…。

コメント

タイトルとURLをコピーしました