効果あり!May 2020 Update「GPUスケジューリング」ONでFFXV速度向上!!ただし…【PhenomII】【GTX1070Ti】

PC

頻繁に行われるWindows10のアップデートで「良くなった」と実感する事は今まではあまり無かったのですが、Windows 10 May 2020 Updateで追加された「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」という機能は、2Kフルハイビジョン画質のFFXVベンチマークで目に見えて効果を発揮しました。

ただし、4K解像度では逆に悪くなりました。何度か試してみましたが、その傾向は変わりませんでした。

なぜそうなるのか、理屈はよくわかりませんが、2K解像度では間違いなく速くなるようです。

「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」使用前提条件

「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」を使うには、以下の環境が必要です。

  • Windows 10 May 2020 Update(バージョン2004)適用
  • Nvidia GeForce 451.48以降、またはRadeon Software Adrenalin 2020 Edition 20.5.1以降

Nvidea GeForceのグラボ、またはAMD Radeonのグラボが必須、ということですね。

使用環境・構成

構成

UEFIマザーボード: ASRock970 Pro3 R2.0 Socket AM3+

グラフィックボード: Palit GeForce® GTX 1070 Ti デュアル
GeForce Game Ready Driver バージョン:456.71

CPU: AMD Phenom II X6 1100T(3.3GHz)  

PC電源 : ATX550W電源(NE550C

メモリ:DDR3 1600 (PC3-12800) 4GB CL11 KVR16N11S8/4 × 4枚 = 16GB

ストレージ: SSD 256GB(THNSNH256GCST)、160GB/U-ATA133(6L160P0)、 160GB/SATA300(ST3160812AS )

モニター : BenQ EW3270U(31.5インチ 4Kモニタ )

OS : Windwos10 バージョン2004

「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」設定方法

「ディスプレイ設定」メニューを選択

Windowsデスクトップを右クリックし「ディスプレイ設定」メニューを選択します。

「ディスプレイ設定」を選択

「グラフィックの設定」メニューを選択

ディスプレイ設定画面の「グラフィックの設定」メニューを選択します。

「グラフィックの設定」を選択

「ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング」を設定

グラフィックの設定画面の「ハードウェアアクセラレータによるGPUスケジューリング」をオンに設定します。

「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」を設定

ファイナルファンタジーXVベンチマークの結果

高品質 3840×2160(4K)

ASRock970 Pro3 R2.0 :3096(普通)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

体感できる程の違いはありませんが、4K画質では「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」がONの時の方がOFFの時よりも遅くなってしまいました。残念なことにAM2+マザーボード(DDR2)よりも遅くなっています。

標準品質 1920×1080(2K)

ASRock970 Pro3 R2.0 :6220(快適)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

PhenomII X6 1100T で初めて(快適)が出ました!

2K画質では「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」がONの時の方がOFFの時よりも確実に速くなっています。

その他の解像度

以下は解像度を変更して比較した結果です。

GPUスケジューリングONOFFOFF
M/B(メモリ)970 Pro3(DDR3)970 Pro3(DDR3)M3A78-EM(DDR2)
解像度\CPUPhenom1100Phenom1100Phenom1100
高品質 3840×2160 309632263172
標準品質 3840×2160 362436653692
高品質 2560×1440 471746664535
標準品質 2560×1440 58995632
高品質 1920×1080 511548344742
標準品質 1920×1080 622059235870
FINAL FANTASY XV BENCHMARK

4K解像度以下ではいずれも「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」がONの時の方がOFFの時よりも速くなりました。解像度が下がるほど差が顕著になります。

3DMarkの結果

GPUスケジューリングON/OFF 3DMark比較

3DMarkでの結果は、2K画質であるにも関わらず「ハードウェアアクセラレーションによるGPUスケジューリング」がONの時の方がOFFの時よりも遅くなってしまいました。残念ながらAM2+マザーボード(DDR2)よりも遅くなっています。

GPUスケジューリングONOFFOFF
M/B(メモリ)970 Pro3(DDR3)970 Pro3(DDR3)M3A78-EM(DDR2)
解像度\CPUPhenom1100Phenom1100Phenom1100
1920×1080 372983965138598
3DMark

まとめ

2K解像度の標準モードだけとはいえ、PhenomII X6 1100T でファイナルファンタジーXVで(快適)レベルのスコアが出たことはうれしいですね。

実はFFXVベンチマーク以外でも効果を感じました。感覚レベルではありますが、画像の読み込みが速くなっています。画像を読み込む際に一瞬表示されていたローディングのクルクル表示が出なくなりました。ちなみに4K解像度です。2D画像でも効果を感じます。

ただし、ファイナルファンタジーXVの4K解像度、3DMarkが遅くなってしまったのが引っ掛かります。ゲームや解像度によっては必ずしも速くなるとは限らないようです。使うかどうか、判断が難しいですね。

とりあえずそれほどゲームをするわけではないので、しばらくこの設定で使ってみます。今のところ特に問題はありませんが、何かあれば報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました