(危険)買いすぎ注意!ア・トン・コテ Boulangerie a ton cote

おっさんずレビュー
DSC_1451
ア・トン・コテ昼食分
ア・トン・コテ夕食分?

大人買いしたくなるパン屋さん

定番物もあれば季節物もあって、あまり見たことが無いようなパンもあり、見た目もツヤツヤ奇麗でカワイイので見ているだけで楽しくなります。

お店もこじんまりしていて、しかも次々とパンが売れていき、売り切れのトレーもあるので、並んでいるパンを片っ端から買いたくなる衝動にかられますね。

休みの日に利用することが多いですが、毎回、食べ切れないほど買ってしまいます。危険です。

シャインマスカットのデニッシュ

ア・トン・コテ シャインマスカットのデニッシュ

シャインマスカットの瑞々しさと甘さと皮の歯ごたえがたまりません。

それをサックサクのデニッシュが受けとめます。とにかく軽い!まさに「サックサク」です。

デニッシュにはたっぷりのカスタードクリームが敷き詰められており、サックサクのデニッシュとシャインマスカットのプリップリの瑞々しさをカスタードクリームが融合します。

口の中で「プリップリ」と「サックサク」が「とろーり」融合し、何とも言い得ぬ触感です。シャインマスカットがカスタードクリームの甘さに負けないところがすばらしい。甘すぎないクリームの濃厚さと果汁のさっぱりした甘酸っぱさが絶妙なバランスです。

マロンデニッシュ

ア・トン・コテ マロンデニッシュ

栗1つ分をガブリと行きました。柔らかい中にもネットリした歯ごたえがあります。

こちらもデニッシュは「サックサク」でうまく食べないと1枚1枚が剥がれてこぼれそうになります。

デニッシュの中には栗のあんが敷き詰められており、「ネットリ」した栗と「サックサク」のデニッシュを栗のあんこがやさしく繋ぎとめます。そこへアーモンドチップの歯ごたえがいい感じでアクセントになります。

口のまさしく「栗」。秋のパンです。

カフェマロン

ア・トン・コテ カフェマロン

上に載っているのはチョコではありません。コーヒーのアイシングです。チョコじゃないので主張が強くありません。全体としてふんわり優しい味わいのパンです。

パンはバターたっぷりのクロワッサン生地のような触感です。中には栗のクリーム?アーモンドのクリーム?誰かが強く主張するわけではなく、お互いに調和し合っている感じです。

ただ甘い「コーヒーパン」や「栗のパン」ではありません。甘さの中に色々な香りや味を楽しめて、優しい味わいの中にもちょっと複雑な大人の雰囲気のパンです。コーヒーチップのトッピングがちょっぴり苦くていい感じです。

メロンパン

ア・トン・コテ メロンパン

小ぶりでカワイイ感じ。そして軽いです。

メロンのクッキー生地はしっかりしてます。それに比べてパン生地は軽くてふんわり。中は空洞?と思わせるくらい軽いです。

クッキー生地とパンの触感のギャップがいいですね。軽さの中にもパンの粘りとクッキー生地の歯ごたえを感じます。小さくて可愛いけど芯がある。あざと萌え系の代表です。

チーズとくるみのガレット

ア・トン・コテ チーズとくるみのガレット

外側は固いです。中の生地は粘り強いです。

中は少し空洞になって、チーズ、ブルーチーズでしょうか?、が入っています。それほど臭みはありませんが、しっかり、まったりチーズ感を主張します。

パンは外側と中身の触感の違いを楽しめて、粘りっこく、噛めば噛むほど味わい深いです。

チーズとパンが主張し合い、絡み合います。そこへクルミのカリッとした触感と香り。無限に続いて欲しい…。

思わずワインを飲んでしまいそうです。

ゆずとこしょうのブレッド

ア・トン・コテ ゆずとこしょうのブレッド

固いです。中身も詰まって、しっとり、どっしりしています。

生地に混ざったゆずの皮が甘くて苦みがあり、香りも良いアクセントとなって飽きさせません。

おいしいゆずのパン。ここまでは他でも売ってそうですが、「こしょう」ですよ?

食べているとピリピリします。こしょうの辛味です。こしょうの香りはあまり感じませんが、それなりの刺激があります。

まさに癖になる味です。余韻が残ります。止めてもつい手が出てしまいます。人のMな部分を引き出す大人なSのパンです。

胚芽ブレッド

ア・トン・コテ 胚芽ブレッド

外側の耳の部分は粘りっこくて嚙み切れないくらい歯ごたえがしっかりしたパンです。噛めば噛むほど胚芽の香りと味と粒感が感じられ麦の風味が豊かです。耳だけ食べても美味しいです。例えは間違っているかもしれませんがスルメみたい。ずっと噛んでいられそう。

それと対照的に中のパンの身の何と柔らかいこと!しっとり、ふわっふわです。耳と同じパン生地なので基本粘りっこくて弾力があります。

おっさんは、まずしっとりふわっふわの柔らかさを楽しみ、その後にパンの耳の歯ごたえと香りと味わいを楽しむ、という食べ方です。

大満足。食べ過ぎました。

お店情報(リンク)

a ton cote ブーランジュリ カフェ&ブラッスリー ア・トン・コテ
ブーランジュリシェフ竹内哲也が作るパンを...

コメント

タイトルとURLをコピーしました