PhenomIIからFX8350へ…AM3+最高峰の性能は?まさかの性能ダウン?【GTX1070Ti】

PC

ソケットAM3+の(ほぼ)頂点へ

AMD Athlon Ⅱ X4 630 にGeForce GTX1070Ti を付けたのを始まりに、以下の変遷を辿り、AM3+マザーボードに付けられる(ほぼ)最高峰の8コアCPU AMD FX8350(4.0GHz)に至りました。今更ですけどね。

CPUとマザーボードの変遷

【AM2+マザーボード,DDR2(8GB)】

 Athlon Ⅱ X4 630(2.8GHz) →  PhenomII X4 965(3.4GHz) → 
 Phenom II X6 1090T(3.2GHz)  →  Phenom II X6 1100T(3.3GHz)

【AM3+マザーボード,DDR3(16GB)】

 Phenom II X6 1100T(3.3GHz)→ FX8350 X8 (4.0GHz)

FX8350をCPUファンとセットで9000円弱で購入しましたが、果たしてそれだけの価値はあったでしょうか?

構成

構成

UEFIマザーボード: ASRock970 Pro3 R2.0 Socket AM3+

グラフィックボード: Palit GeForce® GTX 1070 Ti デュアル
ドライバーのバージョン:461.09

CPU: AMD FX8350 X8 (4.0GHz)  

PC電源 : ATX550W電源(NE550C

メモリ:DDR3 1600 (PC3-12800) 4GB CL11 KVR16N11S8/4 × 4枚 = 16GB

ストレージ: SSD 256GB(THNSNH256GCST)

モニター : BenQ EW3270U(31.5インチ 4Kモニタ )

OS : Windwos10 バージョン20H2

ファイナルファンタジーXVベンチマークの結果

高品質 3840×2160(4K)GPUスケジューリング:ON

FX8350 :2975(やや重い)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

え?やや重い?

「やや重い」なんてAthlonIIの時に見た以来です。何が起きている?

標準品質 1920×1080(フルHD)GPUスケジューリング:ON

FX8350 :5383(やや快適)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

PhenomII X6 1100Tでは6220「快適(スコア6000~8999)」でした。

全然速くなっていません。

その他の解像度

以下は解像度を変更して比較した結果です。

GPUスケジューリングONOFFONOFFOFF
M/B(メモリ)970 Pro3(DDR3)M3A78-EM(DDR2)
解像度\CPUFX8350 X8Phenom1100 X6
高品質 3840×2160 29753075309632263172
標準品質 3840×2160 34163411362436653692
高品質 2560×1440 37724218471746664535
標準品質 2560×1440 4937464258995632
高品質 1920×1080 42394390511548344742
標準品質 1920×1080 53835386622059235870
FINAL FANTASY XV BENCHMARK

FX8350(8コア)にしたのに軒並みPhenom1100T(6コア)より低い結果になってしまいました。
AM2+マザーボードM3A78-EM(DDR2)よりも遅いとは…。何かがおかしいです。

4コアしか認識されていない?

何が起きているのか?タスクマネージャーを確認してみます。

FFXVベンチマーク実行時のタスクマネージャー

CPU使用率が70%前後に対し、GPUは100%です。CPUには余裕があるように見えます。

速度も2.82GHzしか出ていません。CPUが遊んでる?GPUは限界?よく見ると、CPUが「コア:4、論理プロセッサ:8」となっています。

FX8350 コア数4

リソースモニターを見てみます。

FX8350 CPU数8

CPUは8つ認識しているようですが、これが「論理プロセッサ:8」ってことなのか、物理的に8コア動いているのか、これでは判断できません。

デバイスマネージャーも確認します。

FX8350デバイスマネージャー

CPU8個が問題なく認識されています。ドライバーに問題があるわけではなさそうです。

CINEBENCHの結果

CPUのベンチマークを見るため、CINEBENCHをやってみました。FX8350でやった後、CPUをPhenom1100Tに交換して比較してみました。

CINEBENCH FX8350とPhenomII 1100Tの比較

CPUのベンチマークでもFX8350FX(2145)がPhenomII1100T(2662)に負けてしまいました。

コア数が変わればWindowsの再インストールが必要では?

CPU壊れてる?とも思いましたが、4コアだけ壊れますかね…。ネットを検索すると、「4コアしか認識されない」、という似たような事例が数件QAにアップされていましたが、最終的に故障だったのか、解決したのか、が分かりませんでした。事例もそれほど多くは無いようです。

そういえば、過去に似たような経験をしたデジャブ感…。
AthlonII X4 630 → PhenomII X4 965 → Phenom II X6 1090T と、アーキテクチャの異なるCPUに変えた時、ブルースクリーンが頻発したことがあり、クリアインストールで解消しました。

その際、「CPUのアーキテクチャが変わるようなCPU交換をした場合はWindowsのクリアインストールを行った方が良い」、 と自分の中では結論づけたのですが、実は今回Windowsのクリアインストールはやっていないんですよね…。だって面倒なんですもの…。

でも、4コアしか認識していないようだし、やるしかないですね。

引継ぎインストールではどうか?

とは言ったものの、やはりまた一からWindows環境を構築し直すのは億劫です。

Windows10のダウンロードサイトからWindows10インストールツールをUSBに落とし、再インストールを実行してみたところ、「個人用ファイルとアプリを引き継ぐ」というパターンが選べるんですよね。

これなら環境を作り直す必要はありません。誘惑に負けてこのパターンを選択してみました。インストールに1時間程度かかりましたが、果たして結果はどうか?ドキドキ…

タスクマネージャー FX8350のコア数は4

がっかりです。変わらずコア数は4でした。

やはりクリアインストールしなきゃダメなのね…。

ぱんはげ
ぱんはげ

「4コア」の表示を見てがっかりし、この時ベンチマークは行いませんでしたが、実はクリアインストールしても表示は「4コア」のままでした。ここでベンチマークをやっていたら実は速くなっていたのかも?でも、6コアだった時の設定を引き継ぐので、たぶん結果は変わらなかったと思います。

クリアインストール後、8コアの性能を発揮!

諦めてクリアインストールを行いました。ドキドキしながらタスクマネージャーを確認したところ、認識しているコア数は変わらず、「コア数4、論理プロセッサ8」のままです。

えー…。がっかり。FX8350の仕様を確認しましたが、物理的にコアは8個あるようです。やはりCPUが壊れているんでしょうか…。

もう他にできそうな事も思い当たらないので、ベンチマークをやってみました。

CINEBENCHの結果

クリアインストール後 CINEBENCH FX8350

おっ?(3133)ということは、前述の結果(2145)より1000ポイント近く速くなりました。PhenomII 1100T(2662)よりも500ポイント近く速くなっています。

3DMark

クリアインストール後 3DMark FX8350

5619(非常に良好)です。世の平均(5756)には及びませんが、まずまず良い結果が出ました。

ちなみに以下はクリアインストール前の結果です。クリアインストール後はCPUスコアが1000ポイント程アップ(2026→3025)しました。

クリアインストール前 3DMark FX8350

ファイナルファンタジーXVベンチマーク

高品質 3840×2160(4K)GPUスケジューリング:ON

FX8350 :3062(普通)
FINAL FANTASY XV BENCHMARK

ギリギリ3000台、普通です。期待していたほど速くありませんが、4K高品質ではCPUよりもGPU、GTX1070Tiの限界が3000台前半なんだと思います。

標準品質 1920×1080(フルHD)GPUスケジューリング:ON

FX8350 :6985(快適)

「快適」が出ました。PhenomIIの6220よりはっきり上回ったことが確認できました。良かった…。

その他の解像度

以下は解像度を変更して比較した結果です。

GPUスケジューリングONOFFONOFFOFF
M/B(メモリ)970 Pro3(DDR3)M3A78-EM(DDR2)
解像度\CPUFX8350 X8Phenom1100 X6
高品質 3840×2160 30623150309632263172
標準品質 3840×2160 36113709362436653692
高品質 2560×1440 49804972471746664535
標準品質 2560×1440 6170613258995632
高品質 1920×1080 54015446511548344742
標準品質 1920×1080 69856896622059235870
FINAL FANTASY XV BENCHMARK

4K高品質においてFX8350がPhenomII1100Tに負けていますが、それ以外は全てにおいてFX8350が上回りました。8コアの実力を確認できました。壊れてなくてホッとしました。

WQHD(2560×1440)でも標準品質なら「快適」が出るようになりました。

また、高解像度・高品質ではGPUスケジューリングをONにすると遅くなる傾向にありましたが、WQHD(2560×1440)、HD(1920×1080)の標準品質であればGPUスケジューリングをONにした方が速くなることが確認できました。おっさんは高解像度・高品質が好きなので、GPUスケジューリングはOFFにすることにします。

まとめ

一時はどうなることかと焦りましたが、FX8350 X8 の性能が確認できてホッとしました。

9000円かけてPhenomII X6 1100T から変更するだけの価値があるか?といえば、微妙なところではありますが、速くなったのが確認できたので満足です。

ただし、4KではFXもPhenomIIもそれほど違いはありません。こうなってくると、今度は更に性能の高いGPUが欲しくなりますね。こうして沼にハマっていくのですね。

今回の件で改めて、CPUを替えた場合、特にコア数やアーキテクチャが変わった場合は、Windowsのクリアインストールはした方が良さそうです。

CPUを差し替えただけでも一見何事もなくWindowsは動きましたし、ブルースクリーンも起きず、そのまま使えるのでは、と期待しかけましたが、結局クリアインストールすることになりました。

Windowsの内部で何が起きていたのかは分かりませんが、6コアで動いていたのが突然8コアに変えられてWindowsが混乱していたのでしょうか。そんな感じに見えました。

なお、FX8350のコア数の表示は「コア数4、論理プロセッサ8」と表示されますが、たぶん、結果が出ているのでこれで正常なんだと思います。

Ubuntuはどうなんでしょうね?再インストールが必要なのかな。今度確認してみます。

さて、これから消したアプリを少しずつ入れ直しです。

コメント

タイトルとURLをコピーしました