Steam ドライブを移動 MODの設定変更はちょっと面倒【Vortex】

PC
スポンサーリンク

Steam を C:\Steam にインストールしていたのですが、Cドライブが一杯になってしまったので、SSDを追加し、E:\Steam に移動してみました。

ちなみに、追加したSSDはSATAの2.5インチ1TBの Crucial MX500 です。ドスパラで\10,480(税込) でした。

Steam のドライブ変更は簡単なのですが、それぞれのゲームにMODを適用している場合は、それぞれ個々に設定変更が生じます。MOD管理ツールは Vortex の利用を前提に、以下に手順をメモしておきます。

スポンサーリンク

新しいSteam ライブラリフォルダーの指定

Steam のメニューより「設定」を選択します。

Steam 設定メニュー

設定画面より「ダウンロード」-「Steamライブラリフォルダー」を選択します。

Steam 設定:ダウンロード – STEAMライブラリフォルダー

ストレージマネージャー画面より「+」アイコンをクリックします。

ストレージマネージャー

移動先となる新しいSTEAMライブラリフォルダーを選択します。”E\Steam”に移動したかったので、エクスプローラーで予め”E:\Steam” を作成し、「別の場所を選択」で”E:\Steam”フォルダーを選択しました。ちなみに、Eドライブを選択すると”E:\SteamLibrary”というフォルダが作成されます。

新しいSTEAMライブラリフォルダーを追加:別の場所を選択
E:\Steam フォルダを作成し選択

“E:¥Steam” のライブラリフォルダーが作成されました。今後はEドライブにインストールしていきたいので、「デフォルトに設定」しました。

ゲームデータ(コンテンツ)の移動

“C:\Steam” からゲームデータを移動します。私は全てのゲームを移動したかったので全て選択しました。

ストレージマネージャー:移動するゲームを選択

コンテンツを移動の画面が表示されるので、移動するを選択します。 Steamライブラリフォルダーを複数作成している場合は、任意の移動先を指定できます。

作成したSteamライブラリフォルダー(E:\Steam) への移動が始まります。

エラー発生

以下のメッセージが表示されました。

コンテンツの移動に失敗
コンテンツを移動

次のアプリのコンテンツの移動に失敗しました:
– Enderal: Forgotten Stories (Special Edition):更新が必要です
– Steamworks Common Redistributables : 共有コンテンツがあります

Enderal は「アップデート待機中」になっていました。これがエラーの原因だったため、アップデートした後は移動できました。

アップデート待機中

「Steamworks Common Redistributables : 共有コンテンツがあります」については対処方法が分かりませんでした。310MB程度だったため移動は諦めました。

ゲームデータ(コンテンツ)の移動は以上で完了です。

MODの設定

移動したゲームにMODを適用している場合、MOD管理ツールにて設定変更が必要です。私はVortex を使っているので、Vortex での説明になります。

まず、基本的な設定手順を Skyrim SE で説明します。

Skyrim Special Edition

Vortex を起動します。MODを管理していたゲームが、管理から外れています。右上のベルアイコンをクリックすると、エラーや警告が出ています。

Vortex:ゲームを管理

対象ゲームにカーソルを当てると表示される「管理」メニューを選択すると、「ゲームが見つかりませんでした」と表示されます。続行します。

Vortex:自動検出できない

ゲームの実行ファイルがあるフォルダを選択します。Skyrim SE の場合、”E:\Steam\steamapps\common\Skyrim Special Edition”になります。「Select Folder」ボタンを選択します。

Vortex:ゲームのパスを手動で選択

管理はされましたが、新たなエラーが出ました。「Modを配置できません」の「修正」を選択します。

Vortex:Modを配置できません

配置方法について説明が表示されます。「次へ」を選択します。

Vortex:Mod配置方法の説明

解決方法の説明があります。「修正の適用」を選択します。

Vortex:Mod配置方法修正の適用

「設定」メニューの「MOD」タブが表示され、Modの展開フォルダーが提案されています。提案を選択します。

Vortex:Mod展開フォルダーの修正提案を選択

Mod の展開フォルダがEドライブになります。適用します。

Vortex:Mod展開フォルダーの修正提案を適用

MOD関連ファイルの移動が始まりました。

Vortex:MOD関連ファイルの移動

MOD関連ファイルの移動後、「MOD」メニューより、無効になったMODを有効にしていきます。ちなみに、Vortex を再起動すると右上のエラーはほとんど消えました。

Vortex:MODの有効化

MODの設定は以上です。

他のゲームについても基本的には同様の手順でMODを有効にします。

MOD設定のワンポイント

基本は前述の Skyrim SE の手順でMODは有効になりますが、ゲームそれぞれに若干設定方法は異なります。私がインストールしているゲームについて、手順の異なる部分を補足します。

The Witcher 3

Vortex で管理を選択すると、ScriptMerger のインストールを促すメッセージが表示されるので、ダウンロードを選択しインストールします。

もしくは、Script merger (“Witcher Script Merger v0.6.5-484-0-6-5-1593771408.7z”)を Nexux Mods よりダウンロードし、解凍後、”E:\Steam\steamapps\common\The Witcher 3\WitcherScriptMerger” に上書きします。

Vortex のダッシュボードよりW3 Script Merger の編集(Edit)を選択しパスが正しく指定されていることを確認します。

実行対象ファイルに“E:\Steam\steamapps\common\The Witcher 3\WitcherScriptMerger\WitcherScriptMerger.exe”が指定されていればOKです。

その後、前述の手順のように「設定」メニューの「MOD」タブでModの配置フォルダーの提案(Eドライブへの変更)を適用後、MODを有効にしていきます。

MODを有効にする際、「配置にはユーザー権限の昇格が必要です」のメッセージが出たら「ユーザー権限の昇格」を選択します。

配置にはユーザー権限の昇格が必要です

MODを有効にしていく際に Script merger の実行を促すメッセージが出た場合は「ツールの実行」を選択します。

Witcher Script merger may need to be executed

The Sims 4

The Sims 4 については、「設定」メニューの「MOD」タブ内に表示される「Modの展開フォルダー」で「提案」を選択してもフォルダーは変更されません。Cドライブのままです。

MOD展開フォルダーはCドライブのままですが、「MOD」メニューよりMODを有効にしていけばMODは適用されました。

ライズ オブ トゥームレイダー

ライズ オブ トゥームレイダー のMODは Vortex の管理ではありません。

ドライブの移動により、MODは無効になっていたので再度MODを適用し直しました。

再適用の際は、~.log ファイルの削除を忘れずに。

まとめ

Steam のドライブを変更し、ゲームデータを移動するのは比較的簡単ですが、綺麗に移動できるわけではありませんでした。一部のファイルはCドライブに残ってしまいます。

また、MODを適用している場合は、それぞれのゲームに応じて設定手順も若干異なります。

設定にそれなりに時間はかかりましたが、問題なくドライブを変更することができ、MODも適用されていることが確認できました。一からゲームを再インストールし、MODを適用し直すよりは遥かに楽ですね。

簡単な動作確認では今のところ問題なさそうですが、ドライブの変更より何かうまくいかない事象が出てきた場合は報告します。

コメント

タイトルとURLをコピーしました