Ubuntu(20.04)でLinkStationにsmb接続!文字化けも解消

Ubuntu

前回、LinkStationの自動起動に成功しましたが、FTPで接続したのではフォルダ名やファイル名が文字化けしてしまい、使い物になりませんでした。

smb接続だと文字化けも解消し、WindowsやMac同様、Ubuntuでも快適にLinkStationが使えるようになりました。

sambaのインストール

端末(コマンドプロンプト)を開き、以下のコマンドを実行します。

1sudo apt-get install -y samba

smb.confの編集

「ファイル」アプリで/etc/sambaフォルダを確認すると、smb.confがあるのでこれを編集します。

/etc/samba/smb.conf

smb.confを編集するには、root権限が必要です。

方法はいくつかあると思いますが、/etc/sambaフォルダ内で右クリックして「端末で開く」を選択し、端末(コマンドプロンプト)を開きます。”sudo su”でパスワードを入力するとroot権限が付与されます。

sudo su で権限を付与

“vi smb.conf”でエディタが開くので、[global]セクションに”client min protocol = NT1″を追加します。

viエディタで編集

viエディタは開いた時点はコマンドモードなので文字編集できません。”i”キーで編集モード、”ESC”キーでコマンドモードに戻ります。コマンドには”:w”が保存、”:q”が終了があります。他にも色々あるので調べてみてください。

sambaの再起動

smb.conf編集後、以下のコマンドでsambaが使えるようになります。

1sudo systemctl restart smbd

「ファイル」アプリでsmb接続

「ファイル」アプリの「サーバーへ接続」欄に”smb://(LinkStationのIPアドレス)”を指定することで接続できます。

smb接続

LinkStationのID、パスワードを求められますが、”匿名”でもguestユーザで接続できます。

sambaでのLinkStation接続

samba接続だと文字化けはありません。LinkStationのファイルを直接参照・編集できます。便利になりました。

接続したLinkStationのフォルダ(192.168.1.16上のshare)を右クリックでブックマークに登録しておけば、次回以降はすぐアクセスできます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました