スマートツインズのバックアップ(vhdx)の容量を増やしてみた

PC
スポンサーリンク

スマートツインズでバックアップしたバーチャルハードディスクの容量は、バックアップ元のHDDやSSDの容量と同じサイズになります。

バーチャルハードディスクの拡張子が(.vhdx)だったので、Windows10 pro であればHyper-vを使ってサイズの拡張ができます。拡張する方法をメモしておきます。

スポンサーリンク

Hyper-Vを有効化

まず、マイクロソフトのサイトを参考にHyper-vを有効化します。

Windows 10 での Hyper-V の有効化
Windows 10 上に Hyper-V をインストールする

マイクロソフトのサイトでは、「[設定] で Hyper-V ロールを有効にする」説明がありますが、この説明の操作はしなくてもWindows10 Pro では Hyper-Vは有効になりました。

Windowsスタートメニューの「Windows管理ツール」に 「Hyper-V クイック作成」、「Hyper-V マネージャー」のメニューが追加されています。

Windowsスタートメニュー

バーチャルハードディスク(vhdx)の拡張

Windowsスタートメニュー「Windows管理ツール」の「Hyper-V マネージャー」を起動し、「ディスクの編集」を選択します。

Hyper-V マネージャー ディスクの編集

仮想ディスクの編集ウィザードが始まります。

仮想ハードディスクの編集ウィザード

外付けSSDにバックアップされた仮想ハードディスクを選択します。隠しファイルになっているので、エクスプローラーに表示できるようにしておきます。

ちなみに元のvhdxのファイルサイズは約67GBです。

仮想ハードディスクの場所

「拡張」を選択します。

操作の選択

新しいサイズを指定します。元のサイズ64GBを68GBに拡張します。

仮想ハードディスクの拡張

サイズを確認し「完了」です。

仮想ハードディスクの編集ウィザードの完了

拡張後のvhdxのファイルサイズは67GBから71GBになりました。

拡張後のvhdxのファイルサイズ

未割り当て領域の結合

エクスプローラーで拡張後のvhdxファイルを右クリックし、「マウント」メニューを選択します。

拡張後のvhdxをマウント

「ファイルをマウントできませんでした」のメッセージが表示されます。

ファイルをマウントできませんでした

Windowsスタートメニューを右クリックし、「ディスクの管理」を選びます。仮想ディスクは水色になっています。この図ではディスク8です。拡張した領域4GBが未割り当てになっています。

ディスクの管理

拡張する領域(63.78GB)を右クリックし、「ボリュームの拡張」を選びます。

ボリュームの拡張ウィザードが始まるので、進めていきます。

ボリュームの拡張ウィザード

ディスクの拡張に使用する未割り当て領域のサイズを指定します。追加した4GB分が最大ディスク領域(4096)として選択されているので、このまま進めます。

未割り当て領域の使用サイズを指定

ボリュームの拡張ウィザードを終了します。

ボリュームの拡張ウィザードの完了

仮想ディスク(ディスク8)のWindows領域が63.78GBから67.78GBに拡張されました。

ディスクの拡張後

まとめ

スマートツインズのバックアップ(vhdx)はWindows10 Pro であれば容量をアップすることができます。もちろん、バックアップしたファイルに影響はありません。バックアップしたOSからブートすることも確認できました。

コメント

タイトルとURLをコピーしました