初めて絵本が売れた!ありんこアリサのだいぼうけん【KDP】

おっさんずメモ
スポンサーリンク
スポンサーリンク

絵本を読んでもらえた喜び!既読KNP

「アリンコありさのだいぼうけん」をKindle Direct Publishing(KDP)に出版したのが2020年8月24日。

そして英語版「THE ANT CUB ALISA’S GREAT ADVENTURE」を2020年10月5日に出版。

まったく売れない日々が続きましたが、英語版を出版して半年後の2021年4月に初めて既読KNPで「読んでもらえた」ことが分かりました。嬉しかった…。

何より、英語版を海外の人に完読してもらえたのが嬉しかったです。英語は通じたのかな…。

その後、日本語版「アリンコありさのだいぼうけん」も2021年7月に初めて完読してもらえました。

嬉しいですね!

絵本を売るのは難しい…

でも売れるとなると全く別物でした。

既読KNPは KindleUnlimited 会員の方が読み放題のサービスを利用し読んだページ数です。

読んでくれた方は、「アリンコありさのだいぼうけん」にお金を払って読んでくれたわけではありません。

数ある絵本の中から「アリンコありさのだいぼうけん」を見つけ出し、完読してくれただけで十分嬉しいのですが、この絵本に100円といえどお金を払ってまで読んでくれる人はそういない、ということをこの1年で痛感しました。

自分が逆の立場だったら、と考えると納得できます。

無料のコンテンツが溢れるインターネットの世界で、100円は相当貴重です。

便利なアプリだってほとんど無料で使えますからね。ちなみに私は有料のアプリを購入したことがほとんどありません。

本屋さんで絵本は1000円前後で売られています。ネットの世界では全国、全世界の人が対象です。100円なら買ってもらえるかも?なんて当初は考えていましたが、ネットの世界にはネットの世界の厳しさがありました。甘くありません。

初めて買ってもらえた!神降臨!!

「アリンコありさのだいぼうけん」を出版してもうすぐ1年、という時に事件がありました。

「アリンコありさのだいぼうけん」が売れたのです!

「アリンコありさのだいぼうけん」初売上

いつ見ても空白だったグラフに棒が1本立っていることに目を疑います。1冊だけですが、確かに買ってもらえています。

嬉しいものですね!

そうだ。アマゾンの評価はどうなんだろう?

「アリンコありさのだいぼうけん」カスタマーレビュー

評価してくれていました。星5つです!う、嬉しい…。涙出そう。

レビューの記載はありませんでしたが、評価してもらえてしかも星5つを付けてくれるだなんて、神のようです。

ありがとうございました。

自画自賛のストーリーで絵本を出版し、既読KNPのページ数が唯一のレスポンスでしたが、初めてお金も払ってもらえて、かつ評価もしてもらえたことで自信になりました。

ごく一部の人だけかもしれませんが、面白いと思ってくれる人がいる。それだけで自信になるし、希望が持てます。感謝感激です。

まとめ

絵本が1冊売れただけでこんなに喜べるものなんですね。

下手な絵ですが、ストーリーはそれなりに面白くできた、と自画自賛していました。

でも、ちょっと寂しさも感じていました。

1冊売れた、世の中にもう1人面白い、と思ってくれた人がいた。そう思えたことで、自画自賛では無くなった気がして、寂しさも和らぎました。

お金を稼ぐのは難しいですが、Kindle Direct Publishing(KDP)に出版することで、新たな喜びを感じる機会は増えますよ!

コメント

タイトルとURLをコピーしました