【アドセンス合格後】ads.txtとは?設置と自動広告表示設定【Cocoon】【ConoHa WING】

ブログ

アドセンス審査合格後にやった事をメモしておきます。

自動広告の設定(Cocoon)

広告についてはマニュアルで自分の好きな場所に表示する方法もあるようですが、私はGoogleにお任せすることにしました。

コードを取得

自分のサイトに埋め込むコードをアドセンスから取得します。

「広告」-「サマリー」-「サイトごと」タグにある「コードを取得」を選択します。

コードのコピー

取得したコードが表示されるので「コードをコピー」を選択します。

コードを貼り付け

WordPressの「Codoon設定」-「アクセス解析・認証」タグにある「ヘッド用コード」にコピーしたコードを貼り付けます。その後、「変更をまとめて保存」を選択し設定を反映します。

ちなみに、この「ヘッド用コード」にはアドセンス申請用のコードを貼り付けていましたが、合格したので消しました。

自動広告をON

アドセンスの「広告」-「サマリー」-「サイトごと」タグにある鉛筆アイコン(編集)を選択します。

「自動広告」をONにし、「サイトに適用」を選択します。

以上です。

私の場合、数分で広告が表示されました。

ads.txtの登録(ConoHa WINGサーバー)

アドセンスを開くといきなり「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」と警告が出ていてちょっと面喰いました。ads.txt?何それ?ですよね。以下の方法で警告は消えました。

ads.txtのダウンロード

「今すぐ修正」を選択します。

ads.txtをダウンロードする画面が表示されるので、「ダウンロード」を選択します。ダウンロードしたads.txtをどこのフォルダにダウンロードしたかは覚えておいてください。

ads.txtのアップロード

まずConohaWNGのログイン画面からログインする必要があります。WordPress左サイドメニューの「ConohaWNG」-「コントロールパネル」からログインできますよ。

ログイン後、Conoha WNGコントロールパネルのメニュー「サイト管理」-「ファイルマネージャー」を選びます。

ファイルマネージャーで、public_html配下にある自分のサイトのフォルダを選択します。アップロードアイコンメニューを選択すると、アップロード対象を訊いてくるので先ほどダウンロードしたads.txtを選択します。(アップロードするためにはFTPのアカウントを作成しておく必要があります。)

自分のサイトフォルダ(panhage.com)にads.txtが置かれていればOKです。私の場合、3日程すると警告が消えていました。

プライバシーポリシーの掲載

Google Adsenseの広告を表示することにより、当サイトを見てくれた人のCookieを使用することがあるため、プライバシーポリシーにその旨を掲載しました。

まとめ

無事広告も表示され、外堀は埋まりました。後はひたすら見てもらえる記事を投稿することですね。

いや、思い出した。Rinkerを利用するためにAmazon アソシエイト・プログラムにも挑戦しなくては…。結果はいずれ報告します

付録

上記までが最初に投稿した記事です。

アドセンス(Google AdSense)に合格後、自動広告を表示するために最低限やるべき事を絞り、ConoHaWINGでCocoonを使っている人向けに記事にしたつもりでしたが、6/13に投稿して1か月、アクセス0…。(7/18時点)

他に同じような記事はたくさんありもすものね。そもそも検索の対象としてヒットすらしないので、読まれるはずもありません。

SEOの勉強も兼ね、記事をこの「付録」で補強することにしてみました。果たしてそれで効果は出るのか?それはまた別途報告します。

ads.txtとは?

そもそもads.txtとは何かすら私も良く分かっていませんでした。

いきなり「要注意-収益に重大な影響が出ないよう、ads.txtファイルの問題を修正してください。」なんて警告されて嫌だったため、警告を消したくて対応しただけです。収益なんてまだ期待していないですし…。

警告は消えましたが、勉強も兼ねて改めてads.txtについて調べてみました。

登場人物

  • 広告主:広告を出し、クリックしてもらった分、広告代理店に報酬を払う
  • 広告代理店:Google AdSenseなど。広告主にあった広告媒体(サイト)に広告を表示する。クリックされれば広告主から報酬を得る。
  • 広告媒体(サイト):広告代理店から提供された広告を出し、クリックされれば広告代理店から報酬を得る。

ads.txtの役割

ads.txtは、広告媒体(サイト)の証明書です。「この証明書を設置していないサイトには広告は出さないよ、証明書のあるサイトにしか広告料を支払わないよ」というルールにしておけば、詐欺など悪い事ができませんよね。

  • 広告主:ads.txtで証明された広告媒体にしか広告は出さない
  • 広告代理店:広告媒体(サイト)のads.txtをチェックし、設置されていれば広告を出す。
  • 広告媒体(サイト):ads.txtを設置する事で優良な広告媒体であることを証明できる。

何だか「https://」のデジタル証明書の考え方に似ていますね。

背景

ads.txtが無いと、広告詐欺(アドフラウド)ができてしまいます。要するに、AdSenseで禁止されているような広告しかないサイトを作成し、ボットなどを使ってひたすらクリックさせるとか…。

そうした広告詐欺による被害を無くすために生まれた考え方・仕組みのようです。仮に他人のads.txtを設置して広告詐欺をしたとしても、報酬は他人のものになっちゃいますよね。詐欺をする意味がありません。

収益に重大な影響とは?

設置した方が良いことは分かりました。設置しなかった時のデメリットとしては、広告が表示されなくなる、広告料がもらえない、ということですね。

でも、設置していなくても広告は出ていました。具体的な影響がいつどのようにして出るのかは不明です。設置せずにいると、突然広告が出ない日が訪れるのか?それとも表示される広告が「ads.txtなんか関係ない」、という広告主のものに限定されてしまうのか?

収益も無いですしそこまでの実験はできませんが、いずれにしても、ads.txtを設置しない理由は無いので、設置しておいた方が良さそうですね。

コメント

タイトルとURLをコピーしました