Google Adsense の最適化案に従ったら最悪だった|AMPプラグイン|WordPress|Cocoon | By AMP Project Contributors

ブログ
スポンサーリンク

適用する環境にもよるのかもしれませんが、Cocoonをテーマに使っている私の環境においては、残念な結果になったためアンインストールしました。他の環境なら効果があるのかもしれません。試してみてください。

以下に経緯をメモします。

スポンサーリンク

Google AdSense に初めて最適化案が表示された!

きっかけは何気に見たGoogle AdSense の最適化案です。

ブログを始めて1年以上経ちますが、最適化案が表示されたのは初めてです。

Google AdSense 最適化案

効果には良いことばかり書かれています。

効果

  • モバイルの収益が最大で17%向上する
  • モバイル トラフィックの増加
  • デバイスやプラットフォームを問わず、ページの読み込み速度を一貫して向上させることができる

これは入れない理由がありません。もっと早く提案して欲しいですね。インストールしてみました。

AMPプラグインのインストール

AMPプラグインのインストールページから「ダウンロード」を選択し、”amp.2.2.0.zip”をダウンロードします。

プラグインAMPのダウンロード

WordPressのダッシュボードより「プラグイン」-「新規追加」-「プラグインのアップロード」-「ファイルを選択」を選択し、ダウンロードした”amp.2.2.0.zip”を指定後、「今すぐインストール」を選択します。

プラグインAMPのインストール

インストール後、プラグインを有効化します。

AMPプラグインの有効化

私はプラグインを有効化したところで安心し、ここで終了してしまったのですが、実はまだ続きがあります。「AMP for WordPressへようこそ」の画面が表示されるので「onboradingウィザードを開く」を選択します。

AMPプラグイン:onboradingウィザードを開く

ウィザードに従って設定を進めていきます。「次」を選択します。

AMPプラグイン:ようこそ

私は「非技術的またはより簡単なセットアップ」を選択しました。

AMPプラグイン:技術的背景

サイトスキャンで問題が見つかりました。「次」を選択します。

AMPプラグイン:サイトスキャン

テンプレートモードでは良く分からないので推奨された「リーダー」を選択しました。

AMPプラグイン:テンプレートモード

テーマの選択では「トゥエンティトゥエンティ」を選択しました。

AMPプラグイン:テーマの選択

モバイルのサイトがトゥエンティトゥエンティのテーマで更新されました。良いのか悪いのか?

左:適用前(Cocoon)/右:適用後(AMP)

不可解な現象発生

AMPプラグインを適用したらどうなったか?不思議な現象が起きました。

ウェブに関する主な指標が下がり出す

Google Search Console のウェブに関する主な指標で、モバイル、PCのいずれも今まで100件以上だった「良好URL」が減り出しました。不思議なのは、「良好なURL」が「改善が必要なURL」や「不良URL」に変わるのではなく、あたかも存在しないかのように消えていくのです。

サーチコンソール:ウェブに関する主な指標

ちなみに、1/5~1/14までは前述で触れたようにAMPプラグインは有効化しただけで、ウィザードによるモバイルページのテーマ変更は行っていません。モバイルもPCも従来通りのページのままであり、消えたりしているわけではなく、正常にアクセスできます。

サーチコンソールのAMPを見ると、AMPプラグインを適用後の1/6には有効なページが17件になっています。1/14にはAMPが有効ページ数が89件まで増えました。

サーチコンソール:AMP

その後、ウェブに関する主な指標は、モバイルは良好URLが117件から1件になったりと乱高下、PCは減り続けて1件までに減りました。

サーチコンソール:ウェブに関する主な指標

「これはおかしい」、と思い、AMPプラグインについて調べていると、AMPプラグインを有効化しただけでウィザードを実行していないことに気づきました。

そこでウィザードを実行したところ、モバイルのページは前述の「Steam ドライブを移動 MODの設定変更はちょっと面倒【Vortex】」のトゥエンティトゥエンティのテーマで更新されたのですが、他のページが参照できなくなっていました。

限界です。AMPプラグインを適用してからというのも不思議な現象ばかり発生し、良いことが無いので1/14にアンインストールしました。

その後、 ウェブに関する主な指標の件数は元に戻りました。

まとめ

AMPプラグインをインストールしてみましたが、私の環境では不可解なことばかり発生し、良いことは何もありませんでした。

アナリティクスでデバイスごとの利用状況を確認すると、AMPプラグインを有効にした期間のmobileユーザのアクセス数が激減していました。適用前の1/5に191件だったのが、適用後の1/6は3件になっていました。そしてAMPプラグインアンインストール後の1/15には121件に復活しています。

アナリティクス:デバイス別ユーザ数

パンくずリストも同様です。AMPプラグインを有効化した期間は有効件数が減っています。

サーチコンソール:パンくずリスト

まるでページが存在していなかったようです。何が起きていたんだろう…。謎です。

アドセンスの最適化案に従ってAMPプラグインを適用してみましたが、必ずしも効果があるとは限らないようです。もしかしたらCocoonと相性が悪いのかもしれません。Cocoonも色々と最適化されているので、AMPプラグインが余計なことをするのかもしれませんね。

AMPプラグインを入れた際は、デバイスごとの利用状況を注視した方が良さそうです。

困っていないならあまり欲を出さない方がいいですね!

コメント

タイトルとURLをコピーしました