非UEFIマザー + GTX 1070Ti + AthlonⅡ X4 630 で4K動画(8K fps60 VP9)を再生してみた

PC
DCIM\100MEDIA\DJI_0018.JPG

AthlonⅡx4 630とGTX1070Tiの組み合わせで最高画質の3Dゲームはできました。これで十分満足したのですが、1つ気になっていたことがありました。2D動画はどうなんだ?

以前のグラボ(Radeon HD7750)で4K動画(YouTube、ビデオ撮影2D動画)を再生すると、CPUの負荷が100%になって映像はまともに再生できていないのに、グラボの負荷はほとんどかかっていませんでした。

「グラボはあくまで3D専門であり、2D映像はCPUが担当」と理解していたため、高性能なGTX1070Tiにしたとしても4Kの2D動画再生は無理なのかもなぁ、という思いがありました。そうは思いつつも、期待して4K動画を再生してみました。

構成

非UEFIレガシーBIOSマザーボード: ASUS M3A78-EM Socket AM2+ ※2009年7月購入

グラフィックボード: Palit GeForce® GTX 1070 Ti デュアル

CPU: AMD AthlonⅡ X4 630(2.8GHz)  

PC電源 : ATX550W電源(NE550C

メモリ:DDR2 800MHz 4GB × 2枚 = 8GB

ストレージ: SSD 256GB(THNSNH256GCST)、160GB/U-ATA133(6L160P0)、 160GB/SATA300(ST3160812AS )

モニター : BenQ EW3270U(31.5インチ 4Kモニタ )

やっぱりダメか…?

Japan in 8K- 1 Hour Relaxing Aerial Film」という8K動画を再生してみました。

グラボの再生支援無しで8K動画を再生
Japan in 8K- 1 Hour Relaxing Aerial Film(8192×3456@24)

頻繁に止まってしまいます。CPU負荷が100%、GPU(グラボ)は10%前後。暇そうです。やっぱりダメかぁ…。

あきらめきれずに調べていくと、次のことが分かってきました。

  • YouTubeは4K動画の圧縮にはVP9というコーデックを使っている。
  • VP9コーデックに対応したグラボであれば、動画再生支援機能が働きCPUを助けてくれる
  • NVIDIA GeForceは一部の900番台からVP9に対応しているらしい(1070Tiは1000番台。対応しているはず。)
  • 動画再生支援機能はChromeの「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」がONの時に働く

あ、思い当たりました。

Chromeを使ってタブを何枚も開いていると、Chromeが無茶苦茶重くなったり固まったりすることがありました。それを回避するには「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をOFFにすると良い、という情報を見つけてOFFにしていたんです。

「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をONにしてみた

Chromeの「設定」-「詳細設定」-「システム」メニューに「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」という項目があるのでONにしました。

Japan in 8K- 1 Hour Relaxing Aerial Film」を再生してみます。すると…

Japan in 8K- 1 Hour Relaxing Aerial Film(8192×3456@24)

何ということでしょう!見事に再生されました。途中で止まったりしません。

CPUは30~60%位、GPUは40%前後の負荷がかかっています。GPUが再生支援しているのが分かります。

美しい!8K画像。4Kモニタで再生しているので実質4Kなんですが、8Kコンテンツが問題なく再生できることが分かりました。

でもよ~く見ていると、動きの速いものが映った場合に画面がウネウネ揺れるように見えることがありました。やっぱりハードウェア的に限界があるのかなぁ、と思いましたが、実はハードの問題ではありませんでした。

8K fps60動画も再生できた!

YouTubeを再生している画面で右クリックし「詳細統計情報」メニューを選択すると、解像度やコーデックが表示されます。先ほどの動画は8192×3456@24と表示されており、フレームレートが24fps(1秒間に24コマの映像)であることが分かります。

そこで、8K60fpsの動画「Japan in 8K 60fps」を再生してみました。

Japan in 8K 60fps

さらに美しく感じます!うねうねが無くなりました。フレームレートが低かったため、速い映像だとウネウネして見えたんですね。

CPUは40~60%程度で先ほどの動画とそれほど負荷は変わりませんが、GPUは80%台になっています。GPUの性能を遺憾なく発揮していますね。頑張っています。GTX1070Ti(Palit GeForce® GTX 1070 Ti デュアル)が宝の持ち腐れにならなくてよかった、と改めて思うのでした。よかった、よかった。

さて。思いのほかAthlonⅡX4 630 2.8GHzが頑張ってくれています。というか、GTX1070Tiがカバーしてくれています。名コンビ。

PhenomⅡにする必要あるのかな…。今のところ私の使い方ではAthlonで十分間に合っていますが、今のマザーボードASUS M3A78-EM (Socket AM2+)でどこまで行けるのか見てみたい、使い倒したい、というだけですね。AMD Phenom II X6 1090Tを安く買えないか探し中です。

「ハードウェア アクセラレーションが使用可能な場合は使用する」をONにしたからなのか、やっぱりChromeが遅くなります。何とかならないものかな…。

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。

コメント

タイトルとURLをコピーしました