一般ゲーマーはGeForce GTX1060 3GB で十分かも

PC
スポンサーリンク

GTX1070Ti は素晴らしい。古いCPUだろうが、古いレガシーBIOSでPCI Express 2.0であろうと、4Kモニターで普通にゲームができるようにしてくれる万能グラボです。

それに意外と省電力。500W電源で8ピンの補助電源1つあれば動きます。なんて素晴らしいんでしょう。

こんな言葉を使えるようになった自分自身にも成長を感じます。1年前は知らない事だらけだった…。

そんな素晴らしいGTX1070Ti ですが、おっさんにはオーバースペックな気がしてきました。

4Kモニターを使っているので、4Kの美しいゲームには惹かれますが、フォートナイトなど瞬発力が求められるゲームには操作が追い付かず、ほとんどやりません。年相応ですね。

そもそも何千円もするゲームを買うことが無いですし、ゲームをやっている時間自体も少ない。美しいゲームの映像が見られた、美しい映像が動く、それだけで満足してしまっています。

GTX1070Ti は宝の持ち腐れなので、自分に合うスペックのグラボを探すことにしました。

スポンサーリンク

現在の構成

  • ストレージ: M.2 NVME SSD 512GB(WDS500G2B0C)
  • UEFIマザーボード: ASRock970 Pro3 R2.0 Socket AM3+ (PCIe 2.0 x 16 スロットが2つ)
  • グラフィックボード: Palit GeForce® GTX 1070 Ti デュアル
  • CPU: AMD FX8350 X8 (4.0GHz)    
  • PC電源 : ATX550W電源(NE550C
  • メモリ:DDR3 1600 (PC3-12800) 4GB CL11 KVR16N11S8/4 × 4枚 = 16GB
  • モニター : BenQ EW3270U(31.5インチ 4Kモニタ )
  • OS : Windwos10 Pro バージョン20H2

グラボに求める要件

  • 4K表示ができる。4K動画が再生できる。
  • シングルプレイのゲーム(Skyrim、Tomb Raider)がフルHD以上(できれば4Kで)できること

高いFPSは求めません。モニターの最大リフレッシュレートが60Hzですし、今まで私がやってきたゲームであれば、30Hzも出ていればそれほどストレスを感じることがなかったからです。

候補に挙がったグラボ

  • GeForce GTX960 2GB
  • GeForce GTX970 4GB
  • GeForce GTX1060 3GB

以前、NVIDIA GeForceは一部の900番台からVP9(YouTubeの4K動画圧縮方式)に対応している、ということを調べていたので、900番台以前は対象から外しました。

GTX1060 6GB は中古でも価格が高いので、対象外としました。

GTX960 2GB は過去のレビュー記事を振り返ると、性能的に少し心許ない感じがあったのと、GTX1060 は2万円前後でちょっと高かったので、GTX970 を13,000円以下で探すことにしました。

するとどうでしょう!突然GTX1060 3GB が18,000円で出品されました!

1万円台のGTX1060は出品されるとすぐに売れていたので、もたもたしていると売れてしまいそうです。ちなみにメインターゲットのGTX970は手頃なものはなかなか出品されません。

「どうする、どうする俺?」不意を突かれると冷静な判断を欠きますね。気づいた時にはポチってました。

しかし!

あら?エラーです。

カードの有効期限が切れていました。慌ててカード情報を登録し直し、無事購入できました!

GeForce GTX1060 3GB

おぉっ!これはこれで何だかカッコいいですね!

メルカリあるあるですが、買った後すぐに16,000円台のGTX1060 3GB が出品されたり、20,000円の1060 6GBが出品されたりしましたが、過ぎたことを振り返ってはいけません。

さて、GTX1060の実力派如何に!?

ファイナルファンタジーXVベンチマークの結果

高品質 3840×2160(4K)GPUスケジューリング:OFF

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

おぉっ!「動作困難」なんてあるんですね。ベンチマークをスタートした時点でスローモーションでしたから、4K画質でプレイできないのは明らかでした。

以下、その他解像度の結果です。

グラボGTX1060GTX1070Ti
解像度\CPUFX8350FX8350i7-875KAthlon Ⅱ X4 630
高品質 3840×2160 805315028382516
標準品質 3840×2160 1628370935183103
高品質 2560×1440 229149724365
標準品質 2560×1440 386261326056
高品質 1920×1080 357754465515
標準品質 1920×1080 5620689678833426
FINAL FANTASY XV BENCHMARK

GTX1070Ti の素晴らしさを際立たせる結果となってしまいましたが、フルHDでは高品質でも普通にゲームできそうなので良しとしましょう。

Rise of the Tomb Raider ベンチマーク

設定

3840×2160(4K)GPUスケジューリング:OFF

Rise of the Tomb Raider ベンチマーク  GTX1060 3GB

ベンチマーク実行中は4Kでも滑らかに表示されているように見えたのですが、やはり GTX1070Ti と比べるとその差は歴然でした。しかし、体感的にはそれほど遅さを感じる事はなく、Tomb Raider なら4Kで問題なくプレイできそうです。

Rise of the Tomb Raider ベンチマーク  GTX1070Ti

3DMark

GTX1060 3GB

非常に良好です!GTX1070Tiに迫る値?なんて一瞬勘違いしそうになりましたが、やはりGTX1070Tiの6割程度のグラフィックスコアでした。改めてGTX1070Ti はすごいですね。

GTX1070Ti

Skyrim SE

GTX1060 3GB では、4K(3840×2160)でENB無しだと25~28FPS、ENB有りだと3~5FPSになってしまいます。

WQHD(2560×1440)であれば、ENB無しで45~50FPS、ENBありで21~22FPSでした。ENB有りの綺麗な画面で何とか遊べます。

でも4Kで美しい画面でSkyrim をやりたい人には使えません。

ちなみにGTX1070Tiでは4K ENB有りでも30FPS近く出ていました。うーん、やっぱりGTX1070Ti が必要かな…。

まとめ

当然ですが、GTX1060 3GB と GTX1070Ti の差は過去のレビュー記事やドスパラのグラボ性能比較で評価されている通りとなりました。奇跡は起きなかった…。何を期待していたのか。

しかし、実際に4Kモニタで使ってみると、おっさんのように美しい映像を楽しめれば良い、というアドベンチャーやオープンワールド中心のゲーマーであれば、GTX1060でもそれほどストレスを感じずにプレイできることが分かりました。

ちなみに、YouTube の 4K動画は GTX1070Ti 同様、何の遜色もなく再生できます。

GTX1060 3GB 、おっさんにはちょうど良いかも、です。

GTX1060 3GB でも十分なんですが、美しいゲームがやりたいおっさんにとって、レイトレーシングは興味津々です。いつかRTX3070あたりを手に入れてみたいですね。今は高すぎてとても手が出ませんが…。3年後くらいかな?

コメント

タイトルとURLをコピーしました