(正式サポート無視)AM2+マザーの限界に挑戦!PhenomII1100T + GTX1070Tiの実力

PC

オーバークロックで限界に挑戦!という話ではありません。

10年以上前に購入した Socket AM2+ マザーボード ASUS M3A78-EM に、CPUサポート一覧には正式に記載されていないPhenomII X6 1100T を載せ、チップセットが認識する上限の8GBのDDR2メモリを刺し、PCIExpress2.0のスロットにPCIExpress3.0のGEFORCE GTX1070Tiを積みました。

10年越しで仕様の限界以上のパーツを搭載しAM2+としての完成形となりました。ASUS M3A78-EMもお腹一杯、びっくりしているんじゃないでしょうか。さあ、思う存分その性能を発揮してもらいましょう。

構成

構成

非UEFIレガシーBIOSマザーボード: ASUS M3A78-EM Socket AM2+  ※2009年7月購入

グラフィックボード: Palit GeForce® GTX 1070 Ti デュアル

CPU: AMD Phenom II X6 1100T(3.3GHz)  

PC電源 : ATX550W電源(NE550C

メモリ:DDR2 800MHz 4GB × 2枚 = 8GB

ストレージ: SSD 256GB(THNSNH256GCST)、160GB/U-ATA133(6L160P0)、 160GB/SATA300(ST3160812AS )

モニター : BenQ EW3270U(31.5インチ 4Kモニタ )

起動時間

体感的にはもっと速くなってる感じはしたけど、それほどでもなかったですね…。でも、確実に速くなってますよね!

PhenomII X6 1100T

スイッチON~Win10ロック画面(風景写真)の表示:約25秒
ログイン後~デスクトップ画面:瞬時

AthlonII X4 630 (参考)

スイッチON~Win10ブート選択画面の表示:約26秒 ※2つの起動領域があるため
ブート選択~Win10ロック画面(風景写真)の表示:約2秒
ログイン後~デスクトップ画面:1秒以内

ファイナルファンタジーXVベンチマークの結果

高品質 3840×2160(4K)

自分のGTX1070Ti:3172(普通)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

PhenomII X6 1090T は3130。

かろうじて+42性能アップしました!ほぼ誤差みたいなもんですけど、面目躍如です。

標準品質 3840×2160(4K)

自分のGTX1070Ti:3692(普通)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

GTX1070Tiの平均値:3587(普通)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

PhenomII1090Tでは3685。かろうじて+7上回りましたが、ほんとに誤差ですね。

平均の3587は上回っているので、良しとしましょう。

標準品質 1920×1080(2K)

自分のGTX1070Ti:5870(やや快適)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

GTX1070Tiの平均値:9262(とても快適)

FINAL FANTASY XV BENCHMARK

解像度を下げるCPU勝負になってくるため、平均値から差をつけられてしまいますが、PhenomII1090Tの時は5721。+149アップしました。CPU勝負になると差が現れてきますね。

今までのCPUとの組み合わせ結果比較

解像度\CPUPhenom1100Ph1090Ph965Athlon630GTX1070Ti平均
高品質 3840×2160 3172313029782516 -
標準品質 3840×2160 36923685354731033587
高品質 2560×1440 45354508 - -5641
高品質 1920×1080 47424728370828257237
標準品質 1920×1080 58705721446034269262
FINAL FANTASY XV BENCHMARK

ASUS M3A78-EM に正式サポートされていないPhenomII X6 1100Tを載せたらどうなるんだろう?という興味本位と、2番じゃダメなんです、て思いで1100Tを載せてみましたが、1090Tとの差はほとんどありません。気持ちの問題だけですね。2番でも十分です。

クロック数が最高3.4GHzのPhenomII X4 965ですが、FFXVにおいてはコア数がX6の方が速かったです。でもゲーム以外では体感的な差を感じることはほとんど無いと思います。

ドラクエX

4K最高品質(3840×2160)で「とても快適」でした。4K最高品質が用意されていたので選んでみましたが、2K(1920×1080)と画質に違いは感じられませんでした。2K最高品質のスコアは8691でした。

ドラクエXベンチマーク

3DMARK

GTX1070Tiのスコアは38598でした。なぜだかCPUはテストしてもらえません。CPUスコアが0です。古いから?

2D動画再生(8K YouTube再生)

2D動画もChromeでハードウェアアクセラレーション(動画再生支援)の設定を行えばAthlonII X4 630でも再生できたので、全くストレスなく再生できます。

美しい…。やっぱり4Kモニタは買って良かったです。

まとめ

眠っていたAM2+のマザーボードに4Kモニタ、GTX1070Ti、PhenomII X 61100Tを付けてみたら、十分現役で通用するPCに復活しました。最近の3Dゲームもできます。

3Dゲームをしなければ、GTX1070TiじゃなくてもVP9に対応したNVIDIA GeForce1000番台のグラボを付ければ4K動画も動画再生支援機能でスムーズに再生できると思います。

3Dゲームも美しい4K画像を楽しむようなシミュレーションゲームであれば、GTX1070TiにAhlon X4 630でも十分楽しめました。

最近のグラボも載るしAM3のCPUも載るし…。AM2+マザーのPC、楽しめますよ。

さて。AM2+はいじり倒しました。しばらくハードウェアいじりはおいておいて、美しいゲームでも探してみようかな。Skyrimって綺麗そうですよね。物色してみます。

今回の出費

PhenomII X6 1100T 6,500円 (メルカリ)

記載されている会社名・製品名・システム名などは、各社の商標、または登録商標です。
Copyright (C) 2016-2017 SQUARE ENIX CO., LTD. All Rights Reserved.

コメント

タイトルとURLをコピーしました