【ブログ3か月】SEO恐怖症…アクセス0の記事がこれ

ブログ

ブログ開設から3か月が過ぎました。

最初の1か月はやる事がたくさんあってあっという間に過ぎました。

2か月目はやろうと思っていた事が一段落。

3か月目は少し新しいジャンルに取り組んで「レビュー」的な記事も書いてみました。また、SEOについても意識するようになりました。

3か月経過したサイトの状況を振り返ります。

サイト状況

記事数/文字数

記事数文字数平均/記事収益
1か月目1128420円
2か月目1227470円
3か月目1226321円
全体3527401円
サイト記事状況

月10記事(3日に1記事)の目標はクリアです。ある程度長く留まってもらうため、1記事2000文字を目標としています。こちらもクリアです。よく頑張りました。

そして収益も生まれました!1円!1円稼ぐって大変ですね。額がどうこうはあまり関係なく、収益を得られたことがまず嬉しいです。

サイト訪問状況

サイト訪問状況

クリック数がその日の訪問数を表します。まだ訪問0回の日はありますが、訪問数は多くなってきています。

平均掲載順位は相変わらず50位台ですが、日単位では10位台に表示される事が多くなっています。

SEOって難しい…

1か月目にアドセンスに合格した時には「SEOなんて気にしない。いくら考えたって分からないんだから。」といった強気な、というか純粋な気持ちだったのですが、3か月も経つと気になって少し勉強してみました。

だって、Googleに検索されない(圏外)ということは、実質インターネットの海を漂う藻くず…、宇宙を彷徨うチリのようなものです。誰にも見つけてもらえない、ストレージのデータ容量を減らすゴミ同然ですよね。

検索順は低くても、せめて表示はされてほしい、圏外にはなりたくない…。という思いが強くなり、SEOを勉強しました。

といっても、GoogleがSEOのアルゴリズムを公開しているわけでもなく、正解は分かりません。最もらしい情報を元に、実際に試してみて結果がどうなのかを確認するしかありません。体当たりの手法です。

比較的分かり易いと思った以下のサイトを参考に、特にキーワードを意識して記事を書いてみました。

SEOライティングの基礎と知っておくべき13のポイント | プロモニスタ
サイトへのセッションを増やす手段としてSEOを意識しているサイトは多いでしょう。そのときに重要なのがSEOライティングのスキルです。ユーザーにとっても検索エンジンのクローラーにとってもわかりやすい文章で上位表示を目指しましょう。

でも、そんな簡単にSEO対策が分かって実際に結果が出せるなら誰も苦労しませんよね。

結構キーワードを意識して書いた記事も、投稿して1日は40位くらいに検索されたのに、その翌日には圏外に消えて行く…、なんて事が度々ありました。「えーっ…、昨日までは検索されていたはずなのに…。」と目を疑うというか、ガックリするというか。恐怖心すら覚えます。

そんな風にインターネットの海へ藻くずとなって圏外に消えていった記事を紹介します。

アクセス0の記事

以下がアクセス0の記事です。どんな内容か気になりませんか?でもクリックするとアクセス0じゃなくなるのでクリックはしないでください。(逆誘導作戦ですねw。広告じゃないからポリシー違反じゃないですよね?)

2週間以上アクセス0

2週間アクセス0

これは少しSEOを勉強した上で投稿した記事です。「LinkStation」、「バスパワー」、「バックアップ」といったキーワードを意識して見出しにも盛り込みました。

投稿した初日には「LinkStation」、「バスパワー」、「バックアップ」の3つキーワードを入力して検索すると40位までには表示されてホッと胸を撫で下ろしたのですが、その翌日には圏外に落ちていました。

検索されるはず、と思っていたものが検索されないと、目を疑うというか、ガックリきますね。

あまりにもくどくキーワードを盛り込むと、Googleからの評価が下がる、とも聞いたので、そう判断されたのかもしれません。

でも、2週間ほど過ぎるとまた検索されるようになっていました。この辺りはGoogleがどんな判断をしているのか謎ですが、一喜一憂するだけ無駄ということですね。

内容にはまずまず自信があったのですが、アクセスはありません。

LinkStationを使っている人はそれなりに多いと思うのですが、LinkStationのバックアップを取るニーズはあまり無いのかな…。

1か月と10日以上アクセス0

1か月と10日以上アクセス0

Horizon Zero Dawn というPS4版のゲームがPC版となって発売されるよ、というニュースを知って投稿した記事です。

Horizon Zero Dawnは私が唯一やり遂げることのできた思い入れのあるゲームだったので、PS4版の回想を元に記事にしてみたのですが、レッドオーシャンに何の新たな情報も持たず思い入れだけで飛び込んで行って、検索されるはずもありません。

ゲーム業界でも何でも無い個人が新しい情報を取材できるはずもなく、独りよがりの回想記事となってしまいました。

個人が記事にできる内容をわきまえるべきでしたね。

ニッチなゲームだったら一部のマニアなファンに記事を検索してもらい、共感を得られたかもしれませんが、これだけ人気のゲームでこの程度の内容ですから、そりゃ埋もれますよね…。ネットの海の藻くずと消えました…。

もうPC版Horizon Zero Dawnは発売されましたしね。この記事をどうしたものか…。実際に購入してやってみたた感想を記事にするしかないかな…。

1か月半以上アクセス0

1か月半以上アクセス0

これはSEOを全く勉強していない頃に思うがままに付けたタイトルです。

しかも、しばらく検索が無いので途中でタイトルを変更しています。

「いただきます」と言っていた人を見て、食べ物は大事にしなきゃね、という事を改めて感じて記事にしたのですが、そもそもタイトルが支離滅裂です。

「いただきます」、「消費期限」をキーワードに検索する人なんていませんよね。

検索されるキーワードとして考えられるのは「消費期限」、「見分け方」ですが、こちらはこちらで専門的なサイトがたくさん存在するレッドオーシャンです。

しかも途中でタイトルを変えており、現在どんなキーワードでインデックスされているのか分かりません。ちなみに「消費期限・賞味期限の見分け方」というタイトルは後でつけ加えたキーワードです。

インデックスは簡単に書き換わらない

記事を投稿したらGoogle Searce Consoleを使ってGoogleクローラーに「見に来てね、インデックスしてね」と通知をします

タイトルは比較的早くインデックスされるようで、通知後しばらくするとGoogleでの検索にヒットするようになります。

しかし、一度インデックスされた情報はそう簡単には書き換わらないようです。タイトルを修正して再度Google Searce Consoleで通知をしても、しばらくは(数週間から1~2か月?という単位で)修正前のタイトルでヒットします。

タイトル変更や記事のリライトの結果は気長に待つべし

以下の記事も2日目には圏外に消え、何度かタイトル変更や記事のリライトを行いましたが、結果が出ず、1か月以上アクセス0でした。

半ば諦めて放置していたところ、最近になってアクセスがあったので、試しに「amd専用」「 ddr2」「混在」まで入力したところ、ヒットするようになっていました。

最初に投稿してから2か月近く経ってやっとです。

アクセス0だと何とかしたい、と色々いじりたくなりますが、細々いじっても結果は出ません。あるべき姿に修正したら、しばらく気長に待ちましょう。

今後の方針

SEOは分かりません。分からないものを気にし過ぎても振り回されます。実際そうでした。

かといって、当初の私のようにSEOを全く気にしないと、誰からも見られる事のない記事を書き、結局自分自身がガックリします。

自分の記事が検索されるためにも最低限のSEOに関する情報は意識した方が良いですね。

SEOの情報はネットに溢れています。実際のSEOのアルゴリズムはGoogleにしか分かりませんが、ネットの情報も実際の経験則に基づいて書かれているので、そんなに外れてはいないと思います。

自分が「分かり易い」と思えてかつ「なるほどね」と納得できるSEOの情報を見つけて、それに倣って記事を書いてみるのが良さそうです。

その結果が思わしくない場合は、リライトでリカバリーを試みます。ただしそのスパンは2~3週間は見た方が良さそうです。あまり結果を急がず、焦らず、ですね。

それと、記事を書き上げたらすぐ投稿したくなりますが、これも焦らず、見直しをしてからですね。1度Googleにインデックスされると変更するが大変ですから。

この方針でまたしばらく様子をみてみます。

コメント

タイトルとURLをコピーしました